梅ヶ丘でコーティング剤フリーのシャンプー剤を使用している美容室をお探しの方へ」

2019/04/10 ブログ
ツヤ髪

最近の若い方の時に羊水からシャンプーの匂いがする・・・?

って聞いたことありますか?

確かに良い匂いのシャンプー剤だらけですが、シャンプーした後、どなたも良くゆすいでいると思います。

ところが、良くゆすいでいるはずのシャンプー剤が頭皮から身体牛を巡って、最後に子宮にまでたどり着いている、ということなのです。

これは助産師さんや産科の医師も明言している方がいらっしゃるくらい信ぴょう性のある話で、と同時に恐ろしい話なんです。

香料が良くない、と言っているのではありません。(香料はどんなに劣悪なシャンプーでも配合量は大したことないですから)

香料が入っているからこそ現状が分かるのです。

当然香料と一緒に界面活性剤やコーティング剤も全身を巡って子宮までたどり着いている、ということが問題です。

ドラッグストアなどで売っている安価なシャンプーは、ほとんどのものが合成界面活性剤を使っています。

なぜそう言い切れるか、というと植物由来の界面活性剤は髪や頭皮にはやさしいですが、少し価格帯も上がります。

価格を抑えるには、安くて泡立ちが良く洗浄力も強い合成界面活性剤がとても重宝します。

そういう洗浄力の強い界面活性剤を使うと洗い上がりの髪がバサバサ、バリバリになってしまいます。

それをカバーする為にはコーティング剤でコートして(髪にサランラップを巻き付けた様子をご想像ください)、仕上がりがサラサラツヤツヤにしないと消費者はリピートしてくれませんよね。

なので、残念ながら安価なシャンプーにはコーティング剤がたっぷり入っています。

このコーティング剤が、性質上よくゆすいでも髪や頭皮に張り付くようにできています。

(なのでこういうシャンプー剤を使っている方とすれ違うといい匂いがします)

安くて、指通りも良く、ツヤツヤサラサラに仕上がり、いい匂いのシャンプーはどなたにとっても魅力的です。

ただ、すべて化学物質まみれの結果だということです。

個人的には、これから出産を控えている若い方たちには使ってほしくないですね。

私の娘にも嫌がられながらもしつこく訴えています。

内心、ウザって思われてるんでしょうね・・・💦