梅ヶ丘で抜け毛を改善したい方へ

2019/06/04 ブログ
抜け毛

髪にも寿命があります。
一般的には男性で3〜5年、女性で4〜6年と言われています。女性の場合はエストロゲンという女性ホルモンの関係で男性より少し長くなっているそうです。
ヘアサイクルとしては、成長期→退行期→休止期を繰り返していますが、休止期に抜けたあとは再び新しい髪が生えてくるので、常に一定の本数(普通は10万本)を保てるわけです。
ところが何かしらの原因で正常でない、異常な抜け毛が増えてくると本来の毛量が保てなくなります。

では、何をもって異常な抜け毛と判断するか…?

1日に抜ける髪の本数は一般的には50〜100本と言われていますが、これはかなり個人差があり、実際は1日に20本くらいしか抜けない人もいれば、1日に250本抜けている人もいます。 
この数字はリサーチのためにご協力いただいた方に数えてもらいましたが、たとえ抜け毛が多くて気になっていたとしても数えない方が良いです。
では、異常な抜け毛の判断は、シャンプーの時または乾かす時にいつもより抜け毛が多いかどうか? を見ていただくのが一番です。あと朝起きたときの枕についてる分なども要チェックです。
自然脱毛にしろ異常脱毛にしろ、髪が抜けるタイミングは髪に触っているときです。
その抜け落ちている髪がいつもより多いかどうか、で判断します。

では、いつもより抜け毛が多くなってきたと感じたら…

頭皮ストレス、もしくは頭皮ダメージがないか、疑ってください。
整髪料やスプレー、トリートメントやリンスなどは、全てコーティング剤が大量に入っています。これらを何年も何十年も使い続けるうちに、知らず知らずのうちに頭皮がコーティング剤まみれの環境になっています。
カチオン系のコーティング剤が頭皮に吸着すると毛穴は塞がれて頭皮が酸欠状態になり、当然頭皮ダメージにつながります。
このような物を一切使ってない、というような方でも一般的なシャンプー剤には入っているので怖いです。  

もちろん頭皮環境も大切ですが、大元である身体の健康なくしては頭皮の健康は語れません。
生活習慣である睡眠、食事、運動、冷えなど身体の基本的な部分が整ってないと、どんなに頭皮や髪に気を配っても徒労に終わってしまいます。

生活習慣の中でも特に睡眠の質は大切です。

1つずつクリアしていきましょう!