頭皮の赤み、気になりませんか?

2019/07/13 ブログ
頭皮の赤味

最近、新規のお客さまで頭皮が赤くなっている方が多いです。

 

赤みだけでなく痒みも伴っている方も多いですね。

 

頭皮の「赤み」「かゆみ」「ふけ」は、炎症の表れです。!

 

このような状態になると皆さん皮膚科にいらっしゃる方がほとんどですが、皮膚科に行っても根本的な解決には至りにくいです。大抵の方がステロイド剤を処方されてシャンプー剤を指定されて、終わりです。しかも治っていないから当手にご相談に見えるのです。

ステロイド剤で治ればラッキーですが、一時的に痒みや炎症を抑えるだけなので、炎症の原因を除去しなければ根本からの治癒には至りません。

皮膚科で指定するシャンプー剤もいろいろな方から聞いていると「フルフル」や『キュレル」などの合成界面活性剤や強めの殺菌剤が入っていたり、とても敏感肌用とはほど遠いシャンプー剤ばかりです。

 

おそらく頭皮に炎症を抱えていらっしゃる方たちは、このような強い界面活性剤やカチオン系のコーティング剤を長年使い続けた結果、敏感肌や炎症のある頭皮になってしまっているのです。

 

良いシャンプー剤の条件は、「頭皮の汚れは落としてくれて、髪や頭皮に何も残さない」なのです。

シャンプーして良くゆすいで、それでも何かのこるとすれば、コーティング剤なのです。

これが髪に残っても髪がパサパサになってしまう原因になってしまいますが、髪に残るということは当然頭皮にも残ります。毎日使うシャンプー剤がコーティング剤入りのものだと、毎日使い続けるうちに頭皮に大きなダメージがかかります。その先にあるものが、頭皮の炎症だったり、さらに炎症を放置してしますと抜け毛、薄毛、と症状が進んでいきます。

 

頭皮が赤いな…と思ったら今お使いのシャンプー剤を見直してみてください。